iPhoneの通話で声が遠いと言われたときの解決策

iPhoneの通話で声が遠いと言われたときの解決策

iPhoneでの通話中、声が遠いと言われたことはありませんか?
周囲がうるさすぎるならともかく、静かな場所で話してもそう言われるなら、いくつかの対処が必要です。

 

今回はiPhoneの通話を快適に行うための、分かりやすい解決策をご紹介します。

 

iPhoneに設置されたマイクは通話品質に関わります

 

iPhoneには複数のマイクが設置されており、以下のような役割があります。

 

  • 本体下部のマイク(集音マイク)
  • 本体表面上部のマイク(通話相手の声を届けるマイク)
  • 背面カメラの隣にあるマイク(ノイズキャンセリング用マイク)

 

これらのマイクが故障したり、汚れが詰まったりすると通話品質に関わります。
故障の場合は修理に出すべきですが、汚れならば自分で綺麗にしましょう。

 

清掃方法ですが、軽度の汚れなら綿棒で擦り、ややしつこい汚れは歯ブラシで取り除いてください。
清掃であっても水気は厳禁なので、アルコールなどは使用禁止です。

 

通話するならケースと持ち方に注意しよう

 

マイクの掃除を終えたなら、次はiPhoneに使用しているケースと、通話時の持ち方をチェックしてください。

 

もしも粗悪なケースを使用していると、先ほど説明したマイクを塞いでいる可能性があります。
ケースを装着する際はマイクを塞いでいないか、必ずチェックしてください。

 

また、通話中にマイクを手で塞ぐと、正常に声を届けられません。
通話中は会話に夢中かもしれませんが、マイクを塞がないような持ち方を意識し、クリアな音声を届けましょう。

 

ボイスメモを使ってテストしてみよう

 

ここまでに説明した解決策を実行したら、音声を正常に拾うかどうかテストしてみましょう。

 

このテストについてですが、『ボイスメモ』を使用します。

 

ボイスメモ

 

ボイスメモは音声を記録できるアプリですが、音を拾っているかどうかも分かるため、通話と同じように話しかけてみましょう。

 

音を拾っていればOK

 

このテスト結果が正常な場合、マイクの不良とは考えにくく、別の問題点を絞り込めます。
もしも音声を拾わない場合、マイクの修理が必要です。

 

ノイズキャンセリングがオンになっているかチェックしよう

 

マイクに問題がない場合、iPhoneのノイズキャンセリング機能がオフになっているかもしれません。

 

ノイズキャンセリングの状態については、『設定』から『一般』に移動し、『アクセシビリティ』をタップして確認できます。

 

アクセシビリティ

 

ノイズキャンセリング

 

『電話ノイズキャンセリング』がオンになっていると、周囲の雑音を軽減できます。
これがオフだと音声にノイズが混ざり、聞き取りにくくなるでしょう。

 

任意でオンオフが切り替えられますが、基本的にはオンのままにしてください。

 

再起動で通話品質が改善できます

 

ここまでに説明した方法でも解決しないなら、一度電源を落とし、iPhoneを再起動してみましょう。

 

再起動の手順については、とても簡単です。

 

  1. 本体の電源ボタンを長押し
  2. 画面に表示されたボタンをスライドして電源オフ
  3. 電源がオフになったら再度電源ボタンを長押しする

 

再起動は主にiPhoneが重いときに実行しますが、ソフトウェアの誤動作もリセットするため、通話品質も改善できるかもしれません。

 

通話以外にも不具合が発生したら、再起動について思い出しましょう。

 

マイクが壊れたら修理に出そう

 

もしもマイク自体が故障していたら、修理を依頼しましょう。
マイクが壊れたままだと通話だけでなく、Siri(iPhoneの音声操作アシスタント)や録音アプリにも支障が出ます。

 

修理の依頼は正規店または非正規店にお願いできますが、保証期間内なら正規店、期間外ならば非正規店が選ばれやすいです。参考までに覚えておきましょう。
 
もしも修理に出すかどうかまだ悩むなら、まずは相談からでもOKです。
マイクの不具合を解消し、正常な通話機能を取り戻しましょう。