iPhone水没!直後にすることと復活までの対処法

iPhone水没!直後にすることと復活までの対処法

水没

 

iPhoneの防水性は年々強化され、最新のiPhone 7では優れた耐水性も保有します。
しかし、それでも『水濡れの故障は保証外』と設定され、水没は避けるべきです。

 

とくに7以前の古い機種を使っているなら、より水没には気をつけないといけません。
万が一水の中に落としたのなら、水没から復活するまでの対処法を実践してください。

 

まずは電源を切ってショートを防ごう

 

iPhoneが水没したらすぐに水から取り出し、電源を切りましょう。
もしもそのまま使用すると、ショートを引き起こして完全に動かなくなります。

 

iPhoneの電源を切るなら、下記の手順を参考にしてください。

 

  1. スリープボタンを長押しする
  2. 『スライドで電源オフ』と表示される
  3. ボタンを横にスライドする

 

なお、数時間程度では乾きませんので、すぐに電源を入れ直すのはNGです。

 

たとえ表面上が乾いたとしても、内部まで水が浸透していれば、安易に電源を入れるのは危険でしょう。

 

カバーを外してSIMを取り出そう

SIM
iPhoneの電源を切ったなら、次にカバーを外してSIMを取り出しましょう。
カバーを着けたままだと乾燥させにくく、SIMカードも取り出せません。

 

SIMカードの取り出し方については、以下の手順で行えます。

 

  1. iPhoneの側面にあるSIMスロット(小さな穴があるトレー)を探す
  2. 付属のピンや先が尖ったペン先などを穴に押し込む
  3. 奥まで入れるとトレーが出てくる
  4. SIMカードを取り出して水気を拭き取る

 

SIMカードも濡れたままだと壊れるため、タオルなどで丁寧に拭いてください。

 

風通しの良い場所でしっかり乾かそう

 

続いてiPhoneの乾燥ですが、ドライヤーを使ったり、乾燥剤を使ったりするのもNGです。
急激な乾燥はiPhoneにダメージを与えるため、逆効果でしょう。

 

iPhoneを乾燥させるなら、以下のように行ってください。

 

  1. 水気を拭き取る
  2. 風通しが良く気温が高すぎない場所に置く
  3. そのまま3日ほど経過させる
  4. 電源を入れて正常に動くならバックアップを取る

 

電源を入れてまず行うべきは、バックアップの作成です。

 

なお、バックアップが取れたからといってそのまま使い続けず、修理完了まではできるだけ使用を控えましょう。

 

iPhoneが水没から復帰しても修理が必要な理由

 

「水没しても乾かしてから動けば大丈夫でしょ?」と多くの人は考えますが、以下の理由もあっておすすめできません。

 

  • 内部が錆び付く
  • バッテリーが膨張する

 

水が乾くと今度は錆の原因になり、錆び付いたiPhoneでは正常な動作はできません。
目に見えない場所だからこそ、これ以上のトラブルが起きないように直しましょう。

 

また、iPhoneに使われているリチウムイオン電池は水に弱く、水を浴びると膨張しやすくなります。
バッテリーの膨張は火災や爆発を引き起こすので、錆以上に避けたいですね。

 

水没だと高くなるiPhoneの修理費用

費用
iPhoneの修理費用は内容によって異なり、水没の場合は『その他の修理』が適用されます。

 

その他の修理として依頼すると、値段は下記の通りです。

 

☆AppleCare+未加入(2016年9月現在)

  • iPhone 7 Plus(34800円)
  • iPhone 6s Plus、iPhone 6 Plus(33000円)
  • iPhone 7 Plus(32000円)
  • iPhone 6s、iPhone 6(30000円)

 

☆AppleCare+加入時(2016年9月現在)

  • 全ての機種で同価格(11800円)

 

AppleCare(延長保証)の有無にもよりますが、最大で2万円以上もの差があります。

 

高くても依頼したい水没からの修理

 

修理費用のこともあり、水没から復活したらそのまま使い続ける人が多いです。
しかし修理しなければiPhoneが長持ちせず、買い直すとより高くつくかもしれません。

 

保証に入っていれば正規店の修理がおすすめですが、もしも保証未加入ならば、非正規店にも一考の余地があります。
正規店の水没対応は本体交換に対し、非正規店なら問題箇所ごとの交換なので、診断結果によっては安くなるでしょう。

 

どちらに修理を依頼するにせよ、早めの判断が大切です。