iPhoneの動きが遅い&重い!5つの対処法

iPhoneの動きが遅い&重い!5つの対処法

最新のiPhoneに機種変更しても、動きが重く感じることはあるでしょう。
iPhoneは面倒な操作をせずとも使えますが、より快適に利用するならちょっとしたコツも必要です。

 

iPhoneの動きが遅いと感じたならば、これから説明する5つの対処法を試しましょう。

 

まずは試したい再起動について

 

iPhoneの不具合の多くは、再起動によって改善できます。
それは動きが重いときでも同じであり、まずは再起動を試してください。

 

なお、再起動の手順は以下の通りです。

 

  1. iPhoneの側面にある電源ボタンを長押しする
  2. 画面に表示された説明通りにスライドして電源オフ
  3. 再び電源ボタンを長押しして電源をオンにする

 

iPhoneの動きが重いときは、内部処理にトラブルが起きている可能性が高いです。
再起動はそうした処理をリセットするので、動作が軽快になります。

 

動作面以外でも不具合を感じたら、同じように再起動してください。

 

マルチタスク画面から重たいアプリを終了させよう

 

「特定のアプリを使うとiPhoneが重くなる…」このように感じているなら、そのアプリを終了させるといいでしょう。

 

特定のアプリのみを終了させるなら、まずはホームボタンを二度押しして、マルチタスク画面を呼び出してください。
マルチタスク画面

 

そして重くなった原因のアプリを上にスワイプすれば、動作が終了します。

 

上にスワイプ

 

なお、不具合が起きていない場合、毎回終了させる必要はありません。
終了させた状態から何度もアプリを起動すると、バッテリー消費に悪影響が生じます。

 

視覚効果をオフにしてみよう

 

iPhoneにはさまざまな視覚効果があり、操作するだけでもユニークな動きが見られます。
しかし、こうしたギミックも内部処理に負荷がかかるため、不要ならばオフにしましょう。

 

オフにする場合、まずは『設定』から『一般』に移動し、『アクセシビリティ』をタップしてください。

 

アクセシビリティ

 

アクセシビリティに移動したら、『コントラストを上げる』をタップします。
コントラストを上げる

 

『透明度を下げる』をオンにしましょう。
透明度を下げる

 

アクセシビリティに戻ったら、次は『視差効果を減らす』をタップします。
視差効果を減らす

 

スイッチをオンにしてください。
スイッチをオン

 

これで主な視覚効果はオフになり、iPhoneの動作も軽くなるでしょう。

 

アプリのバックグラウンド更新をオフにしよう

 

一部のアプリはバックグラウンド更新(アプリを使っていないときでも動いていること)がされており、これも動作に影響します。

 

そんなバックグラウンド更新をオフにするなら、『設定』から『一般』に移動し、『Appのバックグラウンド更新』をタップしてください。

 

Appのバックグラウンド更新

 

移動先に『Appのバックグラウンド更新』のスイッチがあるので、そちらをオフにすれば完了です。

 

『Appのバックグラウンド更新』のスイッチ

 

なお、バックグラウンド更新は個別にオンオフが切り替えられるため、更新が必須なアプリは別途オンにしましょう。
必須でなければ、アプリを開いたときのみ更新すれば問題ありません。

 

不要なアプリを消して動作を軽くしよう

 

iPhoneはアプリを増やすほどバッテリーが減りやすいように、多すぎるアプリは動作に関しても影響があります。

 

そこで、不要になったアプリはこまめに消去し、動作を改善しましょう。

 

アプリの消去方法についてですが、まずはホーム画面でアプリアイコンを長押ししてください。

 

アプリアイコンを長押し

 

そしてアイコンが震え出すと左上に×が表示されるので、消したいアプリの×をタップすればOKです。

 

なお、一度でもインストールしたアプリは、ストアから再度ダウンロードできます。
もったいないとは考えず、ほとんど使わないアプリはどんどん消しましょう。

 

修理は不要?iPhoneが重くなるメカニズム

 

iPhoneの動作が重くなるのは、ソフトウェアが原因です。
動作があまりにも遅いと修理を検討するかもしれませんが、修理はハードウェアを直すものであり、ソフトウェアの不具合解消はできません。

 

iPhoneが重く感じたら、自分自身で改善できる部分ばかりです。
修理に出すとお金がかかりますし、戻ってくるまでは操作ができないため、安易な判断は手間がかかるだけでしょう。

 

どうしても修理を相談するなら、今回の対処法を全て試してからでも遅くはありません。