紛失したiPhoneを探す方法と、事前にやっておきたいこと

紛失したiPhoneを探す方法と、事前にやっておきたいこと

iPhoneを紛失した場合、多くの人が焦るでしょう。
悠長に構えるのも考えものですが、紛失したときは焦らず、iPhoneを探す機能を利用してください。

 

iPhoneを探す機能は簡単に使えますが、まずは準備も必要です。
まだ設定が終わっていない人は、この機会に済ませておきましょう。

 

iPhoneは常にパスコードロックをかけておこう

 

プライバシーの保護だけでなく、パスコードロックは紛失時のセキュリティ対策にもなります。
パスコードを設定すると入力の手間が増えますが、iPhone 5s以降の機種は指紋認証でも解除できるため、さほど気になりません。

 

パスコードを設定する場合、『設定』のアプリを起動して『Touch IDとパスコード』をタップしてください。

 

Touch IDとパスコード

 

続いて『パスコードを変更』をタップします。

 

パスコードを変更

 

設定したいコードを入力すれば完了です。

 

設定したいコードを入力

 

パスコードは複雑であるほどセキュリティも向上するため、『カスタムの英数字コード』にて大文字や小文字を含ませると、数字のみよりも突破されにくいでしょう。

 

自動ロックの設定もセキュリティ対策に

 

複雑なパスコードが設定できたなら、自動ロックの設定についても見直しましょう。
自動ロックとは『iPhoneを操作しない状態が一定時間続いたらスリープ状態に移行する』というもので、スリープから復帰するなら再度のパスコード入力が必要です。

 

自動ロックの設定については、『設定』から『一般』に移動し、『自動ロック』をタップしてください。

 

自動ロック

 

この自動ロックをできるだけ短い時間に設定すれば、手動ロックを忘れてもすぐにロックされ、セキュリティが高まるでしょう。

 

短い時間に設定

 

iPhoneを探す機能をオンにしよう

 

iPhoneには『iPhoneを探す』という機能が備わっており、事前に設定しておくと紛失時でも本体を探せます。

 

その設定方法については、『設定』の『iCloud』から行います。

 

iCloud

 

そして『iPhoneを探す』をタップして……
iPhoneを探す

 

機能をオンにすれば、設定は完了です。
機能をオンにする

 

ここまでに説明したことは、全て紛失前に行う必要があります。
できればiPhoneを入手したその日には設定を済ませ、安全に利用を開始しましょう。

 

なお、下の『最後の位置情報を送信』をオンにすると、紛失後にバッテリーが切れても追跡しやすくなります。

 

iPhoneを探す機能を使ってみよう

 

iPhoneを紛失した場合、『iPhoneを探す』というアプリから探すことができます。
この機能は自分のiPhone以外にも、以下の端末から利用可能です。

 

  • ほかの人のiPhone
  • iPad
  • iPod touch
  • パソコン(ブラウザ経由)

 

今回は、iPhoneから『iPhoneを探す』を利用してみましょう。

 

iPhoneを探すアプリ

 

アプリをタップすると、まずはIDとパスワードを入力します。

 

IDとパスワードを入力
ここで入力するのは『探したいiPhoneのIDとパスワード』なので、ほかの人のiPhoneで探すときは間違わないでください。

 

iPhoneの位置
ログインするとiPhoneの位置が地図上に表示されるので、近ければすぐに向かいましょう。

 

遠隔操作でiPhoneを不正利用から守ろう

 

iPhoneを探す機能は現在地が分かるだけでなく、遠隔操作によりロックしたり、近くにあれば音を出して見つけたりできます。

 

サウンドを再生

 

『サウンドを再生』をタップすると、とても大きくて目立つ音を出します。「近くに落ちているはずなのに、全然見つからない…」という場合に役立つので、見回すだけでは見つからないときに役立てましょう。

 

『紛失モード』をタップするとiPhoneをロックするだけでなく、移動履歴を表示できます。
誰かが拾って移動していても、バッテリーが続く限りは追跡可能です。

 

そして『iPhoneを消去』をタップすると、iPhone内のデータが完全に消去されます。
これ以上の追跡はできなくなりますが、個人情報も消去されるので、取り戻すことが困難ならば実行しましょう。

 

キャリアと契約しているなら電話回線を止めてもらおう

 

以上が紛失したiPhoneの追跡方法ですが、もしもキャリアと契約しているのなら、電話回線の使用停止もお願いしましょう。

 

電話回線を止める場合、以下の方法でお願いできます。

 

  • 最寄りのショップに向かう
  • キャリアのサイトにログインして操作する
  • 電話から問い合わせる

 

電話回線をそのままにしておくと不正に利用され、高額な請求が発生します。
その場合でも自分が支払わないといけない可能性も高く、取り戻せないなら手続きは早急に行ってください。

 

iPhoneは紛失しないのが一番ですが、万が一の対処法も覚えておきましょう。