iPhoneのスピーカーから音が出ない…故障時の対処法

iPhoneのスピーカーから音が出ないと、音楽鑑賞だけでなく着信時でも困ります。
故障ならば直してもらうしかありませんが、自分にできる範囲で対処可能なケースもあります。

 

スピーカーに不具合が生じたら、今回お教えすることを実践してください。
修理に出すにしても、まずは試す価値があります。

 

まずはマナーモードスイッチとボリュームボタンをチェックしよう

 

スピーカーから音が出ないなら、まずはiPhoneの側面にある『マナーモードスイッチ』と『ボリュームボタン』をチェックしてください。

 

「ボタンには触れてないよ?」と思うかもしれませんが、下記の要因によりボタンに干渉する場合があります。

 

  • ボタンに干渉するケースを着用している
  • 持ち方により知らないうちにボタンに触れている

 

格安なケースにありがちなトラブルとして、『精度が悪すぎて勝手にスイッチが入る』というものが散見されます。
もしもiPhoneにケースを着けるなら、高品質な製品がおすすめです。

 

また、電話中などで持ち方が悪いと、知らないうちにボタンやスイッチに触れているかもしれません。

 

まずは側面をチェックし、正常かどうかを見てください。

 

ソフトウェアの不具合なら再起動で改善できます

 

一見するとスピーカーには無縁そうですが、実はソフトウェア(iPhoneの内部処理)が原因で音が出ないこともあります。

 

こうしたソフトウェアの不具合ならば、以下の手順で再起動を実行しましょう。

 

  1. iPhoneの電源ボタンを長押しする
  2. スライドで電源オフと表示される
  3. 表示にしたがって右にスライドすると電源がオフに
  4. 再度電源ボタンを長押ししてiPhoneを起動する

 

再起動をすると音が出だした、そんな実例もたくさんあります。
再起動はほかの不具合解消にも役立つので、上記の操作は覚えておきましょう。

 

汚れが原因ならスピーカーを掃除してみよう

 

iPhoneのスピーカーは常にむき出しなので、使っているうちに汚れが溜まるかもしれません。
画面を毎日拭く人でもスピーカーは意外とノーマークなので、音が聞こえないなら掃除してみましょう。

 

掃除の手順ですが、以下の方法がおすすめです。

 

  1. 乾いた歯ブラシでスピーカーを擦る
  2. 細かな汚れをエアーダスターで吹き飛ばす

 

濡れた歯ブラシだとiPhoneの内部に水が浸入するため、必ず乾いた歯ブラシで実行してください。

 

エアーダスターはスピーカー以外にもイヤホンジャックや充電コネクタの清掃に使えるため、一つは買っておきましょう。

 

イヤホンを差すことでスピーカーの故障が分かる?

 

ここまでの手順で解決しなければ、イヤホンを差してください。
もしも「スピーカーからは音が出ないけど、イヤホンなら音が聞こえる」という場合、スピーカーの故障が確定します。

 

スピーカーの故障は修理に出すしかありませんが、イヤホンから音が聞こえる場合、スピーカーの代わりとして一時しのぎができます。

 

たとえば通話にスピーカーは欠かせませんが、純正イヤホンなら相手の声を聞くだけでなく、こちらの音声も届けられます。
修理が終わるまでに用事があるなら、イヤホンで済ませましょう。

 

スピーカーの修理費用は少し高め?

 

もしもスピーカーの修理に出す場合、Appleの正規サービスなら以下の料金が必要です。

 

☆AppleCare+未加入(2016年9月現在)

  • iPhone 7 Plus(34800円)
  • iPhone 6s Plus、iPhone 6 Plus(33000円)
  • iPhone 7 Plus(32000円)
  • iPhone 6s、iPhone 6(30000円)

 

☆AppleCare+加入時(2016年9月現在)

  • 全ての機種で同価格(11800円)

 

なお、Apple側が不良を認めている場合、無償交換もあり得ます。
公式の不具合アナウンスについては、修理前にチェックしましょう。

 

自身で行う修理はおすすめしません

 

ネット上ではiPhoneの分解や修理についても、いくつかの情報が出回っています。
それを見ると「自分でスピーカーを修理してみようかな?」と思うかもしれませんが、おすすめできません。

 

もしも自分で分解した場合、今後はApple正規の修理サービスが受けられなくなります。
分解して直せなければ本当に八方ふさがりなので、安易な修理はやめておきましょう。