効かないiPhoneのホームボタンを改善する方法

効かないiPhoneのホームボタンを改善する方法

iPhoneのホームボタンは『スマートフォンの中でもっとも酷使される物理ボタン』と表現され、その重要性を物語っています。
したがって、故障時の不便さも容易に想像できますね。

 

もしもホームボタンが効かなくなったら、まずは自分で改善してみましょう。
完全に壊れたならともかく、ちょっとしたトラブルなら直るかもしれません。

 

最初は陥没の有無をチェックしよう

 

ホームボタンが効かなくなったら、まずはボタンの陥没を確認しましょう。

 

その確認方法については、以下の項目をチェックしてください。

 

  • ぱっと見でも分かるほど引っ込んでいる
  • 押した際にカチッとした感触がない
  • 押し込んでも音がしない

 

これらに当てはまる場合、自力で改善することはできません。
自分で分解するのはリスクが大きすぎるため、修理店に依頼しましょう。

 

上記に当てはまらず、それでもホームボタンが効かない場合、これから説明する改善方法を試してください。

 

ホームボタンの清掃をしてみよう

 

精密機器のほぼ全てが汚れに弱いように、iPhoneも定期的に掃除しないと、いくつかのトラブルにつながります。

 

とくにホームボタンは一日に何度も押すため、汚れたままだとホコリやゴミが詰まってしまうかもしれません。
ホームボタンの汚れが気になるなら、以下の手順で清掃しましょう。

 

  1. iPhoneの電源をオフにする
  2. 毛羽立たない布(精密機器用クリーニングクロスなど)で拭く
  3. 汚れがあまりにも酷い場合のみ布を少し湿らせて拭き取る

 

もしも布を湿らせて拭く場合、内部に水が入らないように、慎重に汚れを拭き取りましょう。

 

なお、汚れてから拭くよりも毎日拭くほうが楽なので、可能であれば一日一回、乾いた清潔な布で拭いてください。

 

ホームボタンの効きは再起動で改善されるかも?

 

iPhoneの内部処理にトラブルがあれば、ホームボタンの反応にも影響します。
そうしたソフトウェアの問題は、再起動で改善しましょう。

 

再起動の方法ですが、とても簡単です。

 

  1. 電源ボタンを長押しする
  2. 『スライドで電源オフ』の表示通りに操作する
  3. 再び電源ボタンを長押しして起動する

 

もしも先に電源を落として清掃したなら、起動するだけで大丈夫です。

 

再起動後は余計な処理がリセットされて、ホームボタンの反応も良くなります。
ホームボタン以外の物理ボタンが不調なときも、再起動してみましょう。

 

ホームボタンが直らないならAssistiveTouchで代用しよう

 

それでもホームボタンが改善されないなら、AssistiveTouchをオンにしましょう。
AssistiveTouchは一部の操作を補助する機能で、ホームボタンの代用が可能です。

 

AssistiveTouchをオンにするなら、『設定』から『一般』に移動し、『アクセシビリティ』でセッティングできます。

 

アクセシビリティ

 

 

AssistiveTouchをオン

 

オンにすると画面上にソフトウェアボタンが表示され、こちらをタップするとメニューが開きます。
その中の『ホーム』はホームボタンと同じ働きをするため、物理ボタンが壊れても同様の操作が可能です。

 

ホームボタンと同じ働きをする

 

なお、AssistiveTouchはカスタマイズが可能で、ホームボタン以外の役割も割り当てられます。

 

ホームボタンの修理を依頼しよう

 

AssistiveTouchでホームボタンの代用はできますが、やはり壊れたままだと不便です。
したがって、ホームボタンが故障したら早めに修理を依頼をしましょう。

 

ホームボタンの修理料金については、下記の通りです。(2016年9月現在)

 

☆AppleCare+未加入

  • iPhone 7 Plus(34800円)
  • iPhone 6s Plus、iPhone 6 Plus(33000円)
  • iPhone 7 Plus(32000円)
  • iPhone 6s、iPhone 6(30000円)

 

☆AppleCare+加入時

  • 全ての機種で同価格(11800円)

 

AppleCareに加入していないと高めなので、保証がないなら非正規店に相談しても良いでしょう。
 

 

ホームボタンが心配な人はiPhone 7がおすすめ?

 

もしもiPhoneのホームボタンに耐久性を求めるなら、iPhone 7シリーズは魅力的かもしれません。

 

iPhone 7からは新素材のホームボタンに変更され、深く押し込めない代わりに耐久性が向上しています。
操作性は独特ですが、その働きは同じです。

 

とくに古いiPhoneを使っていると、ホームボタン以外も劣化しているかもしれません。
機種変更を検討しているなら、新しいiPhoneも視野に入れましょう。