iPhoneのバックアップの方法と復元のしかた

iPhoneのバックアップの方法と復元のしかた

iPhoneはとても簡単に扱えますが、「バックアップだけは慣れない…」と話す人も多いです。
とくにガラケーからiPhoneに乗り換えた人にとっては、難関の一つですね。

 

しかし、バックアップを使いこなせば機種変のときだけでなく、不具合からの復旧にも使えます。
常日頃からバックアップする癖を付け、iPhoneを安心して使いましょう。

 

バックアップの方法はiTunesとiCloudの2つ

 

バックアップの方法には『iTunes』と『iCloud』の2つが存在し、自分の環境や好みによって選べます。

 

双方の利点を軽く説明すると、以下のようになります。

 

☆iTunesの利点

  • バックアップ作成のスピードが速い
  • 復元のスピードも速い
  • パソコンのストレージに余裕があればたくさんのデータが残せる
  • オフラインでも操作可能

 

☆iCloudの利点

  • iPhone単体でバックアップができる
  • パソコンや外付けハードディスクの故障が気にならない

 

以上を踏まえ、どちらが自分に合っているか確認しましょう。
今回は、双方の主な流れを説明していきます。

 

iTunesでバックアップを作成する方法

 

iTunesでバックアップを作成するなら、まずはiTunesを起動し、iPhoneとパソコンをLightningケーブル(付属の充電ケーブル)で接続しましょう。

 

するとiTunes上にiPhoneマークが表示されるので、クリックしてください。

 

iPhoneマーク

 

クリックするとiPhoneの管理画面が表示されるので、『今すぐバックアップ』を選択してください。

 

今すぐバックアップ

 

これでバックアップを作成してくれます。
以降も同様の手順で、こまめに実行しましょう。
バックアップ内容があまりにも古いと、復元時に役立たないかもしれません。

 

iCloudでバックアップを作成する方法

 

iCloudでバックアップを作成するなら、iPhoneの『設定』をタップし、『iCloud』の管理画面に移動しましょう。

 

iCloud

 

そして『バックアップ』をタップし……
バックアップ

 

『iCloudバックアップ』をオンにすればOKです。
iCloudバックアップ

 

設定が終わった状態でWi-Fiに接続すると、自動的にバックアップを作成します。
すぐにバックアップを取りたいなら、下の『今すぐバックアップを作成』をタップしてください。

 

もしも自宅にWi-Fi(固定回線)がない場合、コンビニなどの無料Wi-Fiを使わせてもらいましょう。

 

iTunesでバックアップから復元する方法

 

バックアップを取っておいたら、必要に応じてデータを復元できます。
まずはiTunesでの復元手順を見ていきましょう。

 

パソコンのiTunesを起動し、iPhoneを接続して管理画面を呼び出すまでは、バックアップ時の操作と同じです。

 

そして復元する際は、『iPhoneを復元』をクリックしてください。

 

iPhoneを復元

 

復元すると今現在のデータは消去されるため、「本当に復元してもいいのか?」と再確認しましょう。

 

iCloudでバックアップから復元する方法

 

バックアップからの復元をiCloudで行う場合、まずはiPhoneを初期化しなくてはいけません。
また、バックアップ作成時と同じくWi-Fiも必須です。

 

初期化が終わったiPhoneを操作していると、画像のような画面が現れるので、『iCloudバックアップから復元』をタップしてください。

 

iCloudバックアップから復元

 

iCloudから復元するならApple IDとパスワードも必要なので、忘れないようにご注意ください。

 

iTunesに比べると復元にも時間がかかるので、余裕のあるタイミングで実行しましょう。

 

いつ使う?バックアップしたデータを使うタイミング

 

バックアップからの復元は機種変や不具合解消に役立ちますが、以下のようなタイミングでも使用します。

 

  • iPhoneを修理に出して戻ってきた際
  • iPhoneからiPod touchにデータを引き継ぐ際

 

慣れないうちは「機種変したときも自分でデータ移行するのか…」とげんなりしそうですが、ガラケーに比べるとほぼ完全なデータ移行と復元ができます。

 

連絡先だけでなくアプリの配置や写真なども完全に復元できるので、バックアップについて学ぶ価値は十分あります。急なデータ消失にも対応できるので、ぜひ覚えてくださいね。