AssistiveTouchを使ってiPhoneをより快適にする方法

AssistiveTouchを使ってiPhoneをより快適にする方法

iPhoneの『AssistiveTouch』についてはご存じですか?
使っていない人も多いですが、上手く活用すれば大変便利な機能です。

 

その便利さを体感するなら、いくつかの設定が必要です。
今回は隠れた便利機能と言える、AssistiveTouchについてお教えいたします。

 

まずはAssistiveTouchをオンにしよう

 

AssistiveTouchを利用するなら、先に設定を済ませましょう。
まずは『設定』の『一般』をタップし、アクセシビリティに移動してください。

 

一般

 

アクセシビリティ

 

続いて『AssistiveTouch』のスイッチをオンにすれば、画像のようなアイコンが出現します。

 

AssistiveTouch

 

アイコンが出現します

 

これにて設定は終了です。
一見すると少し邪魔ですが、操作しないと自動で色が薄くなるため、さほど目立ちません。

 

不要ならいつでもオフにできるため、まずは気軽に使ってみるといいでしょう。

 

AssistiveTouchの基本操作について

 

AssistiveTouchの機能は豊富ですが、主にホームボタンや電源ボタンが壊れた際の代用として使われます。

 

まずは基本となる、ホームボタンとしての働きを見ておきましょう。
AssistiveTouchのアイコンをタップするとメニューが開くので、今回は『ホーム』をタップします。

 

『ホーム』をタップ

 

ホーム画面へ戻れました

 

すると、本体のボタンを押さずにホーム画面へ戻れました。
同様に、『画面をロック』をタップすればスリープ状態にできます。

 

これだけでも便利ですが、AssistiveTouchは利用者の都合に合わせて、その機能を拡張できるのがポイントです。

 

AssistiveTouchをカスタムしてもっと便利に使おう

 

AssistiveTouchには多くの機能が割り当てられるので、自分好みにカスタマイズしてみましょう。

 

カスタマイズの方法も簡単で、AssistiveTouchの設定画面にある『最上位レベルのメニューをカスタマイズ』をタップしてください。

 

最上位レベルのメニューをカスタマイズ

 

そして+ボタンを押せば新規項目が出現するので、そちらをタップしましょう。

 

+ボタン

 

AssistiveTouchに割り当てられる機能はたくさんありますが、今回は試しに『通知センター』を追加してみましょう。
『通知センター』を追加してみましょう

 

これで機能追加は完了です。

 

追加完了

 

追加されたメニューをタップすれば、より簡単に通知センターを呼び出せました。

 

タップのみで通知センターが表示

 

よく使う機能は、事前にAssistiveTouchに登録しておきましょう。

 

上級者向けのジェスチャー機能追加について

 

ここから少し上級者向けである、ジェスチャー機能の追加についてご説明します。

 

先ほどと同じの手順で新規項目を設定する際、『カスタム』を選んでください。

 

カスタムを選択

 

カスタムをタップして+を押せば、タップもしくはスワイプのジェスチャーが登録できます。

 

カスタムをタップ

 

 

+を押す

 

今回は『画面下部から上部へのスワイプ』というジェスチャーを登録しました。

 

画面下部から上部へのスワイプ
これにより、『画面を下にスクロールさせる操作』をワンタップで実行できます。

 

登録したジェスチャーを使ってみよう

 

ジェスチャーを無事に登録できたら、実際に使ってみましょう。
なお、先ほど登録したジェスチャー名は『スワイプ』としています。

 

AssistiveTouchのアイコンをタップし、カスタムを選びましょう。
すると『スワイプ』が登録されているので、そちらをタップします。

 

『スワイプ』が登録されている

 

画面上にジェスチャーアイコンが表示され、タップするだけで指の動きを再現してくれます。

 

ジェスチャーアイコン

 

この場合は『タップのみで下へのスクロール』を実現しており、片手のみでもスクロールが容易になるでしょう。

 

このジェスチャーをオフにするなら、AssistiveTouchのアイコンをタップしてください。
ジェスチャーは複数登録していつでも呼び出せるため、何度も行う操作を割り当てておきましょう。

 

iPhoneの操作をもっと快適にするAssistiveTouch

 

AssistiveTouchは物理ボタンの不具合時に最も役立ちますが、ジェスチャーを使えばタップのみでさまざまなアクションが実行でき、普段の操作を快適にしてくれます。

 

また、物理ボタンが壊れる前からAssistiveTouchを使っておけば、部品の摩耗も抑えられます。
iPhoneをできる限り長持ちさせたい人にとっても、AssistiveTouchは役立つでしょう。

 

なお、画面が大きなiPhoneほど、AssistiveTouchのアイコンが邪魔になりにくいです。
iPhoneのPlusシリーズを愛用されている人は、積極的に活用してください。